♪ 「聴くを磨く」体験講座無事終了しました。
ありがとうございました ♪


子どもとしっかり向き合って、話を聴けるようになりたい。
ひとの言葉に傷ついて考え込んじゃうことがよくある。
ひとの話を聴きながらも、ついつい自分のこととか次に何を言おうか考えちゃう。
身内や同僚や友だちのネガティブな話を、いやな気持ちにならないで聴けるようになりたい。
指導者として、聴くちからを、さらにブラッシュアップしたい。
   ・・・・・って思ったことはないですか?
そんなかたは、かめわざ流「聴く」を一緒に体験してみませんか♪
日時:2010年 9月2日(木)
   20:00〜22:00(受付19:30〜)
   (このあと希望者で交流会を予定しています:別途徴収です)

場所:西原町 上原コミュニティーセンター
           (西原町字上原245−49)
           (琉球大学付属病院の駐車場近く、上原高台公園のそばです。)
地図→www.town.nishihara.okinawa.jp/jichikai/jichikai-07.html
参加費 : 2,000円!!
      お問い合わせ&申し込み : お名前&連絡先を添えて仲村まで♪
  電話:090-1368-1374(17:30以降にお願いします。)
       Mail:2525sunflower☆gmail.com
       (☆を@に変えて送信してください)
「自分にOKをあげる」「こころとからだをほぐす」
のワークショップを全国展開する、
かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」講座。

本来は全6回で30,000円ですが、今回体験講座として
1回開催して頂けることになりました。

初の沖縄開催です♪

しかも、体験講座は東京では5,000円。
それが今回は、かめおかさんが別件お仕事で来沖するのに
ちゃっかり便乗させていただくという
かめおかさんのご厚意があり、

交通費・宿泊費をぎゅぎゅっとおさえて
沖縄初開催の記念価格となりました!

2010年09月30日

☆メルマガ「今日のフォーカスチェンジ」   7周年記念企画☆


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
かめおかさんより、メルマガ7周年記念企画のお知らせです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
かめおかさんのメルマガが11月1日に満7周年を迎えます。
7周年を記念して、かめおかさんよりステキな企画があります。
めちゃくちゃおもしろそうです。
↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/kamewasa/diary/201009290001/

参加できる方は是非!!

企画の紹介その中にステキな言葉があるので抜き出して紹介しますね。
   *−−−−−−*−−−−−−−*−−−−−−*
メルマガを書くには、本文だけで、1時間前後はかかります。
オススメコーナーなどを入れると、大体、2時間近くかかります。
それを、毎日、毎日、2520回以上、つづけてきました。

広告を載せているわけでもないし、出版につながったためしもなく、(寂)
それでも休むことなく、書きつづけているのは、自分でもわかりませんが、
たぶん、何かわけがあるのでしょう。

その「わけ」を、最近、私は、こんなふうに感じています。
「ひとりでも、自分を好きになるひとが 増えてほしいから…」

どうして、そんなふうに思うのか。
この7年を振り返ったときに、私は、自分自身の仕事の方向を
かなり明確にしてきたと感じています。

それも、ライフワーク…使命としての仕事という意味で、です。
では、何を、仕事としてとらえているのか。

***---------------------***
 子どもの、輝く未来のために
***---------------------***

…これが、私が、残りの生涯をかけてやりたい仕事の方向性なのです。
では、なぜ、「子どもの輝く未来のために」
「自分を好きになるひとが増える」必要があるのか。

ひとは、自分が「わかった」ことしか、伝えることができないからです。

そして、子どもたちにとって、「学ぶ」ということは、
「真似ぶ」ということなので、
体現して(見せて)もらえないものは真似ることができないのです。

つまり、自分を好きになれないでいると、

自分を好きになるということを、本当には、子どもに
伝えることができないのですね。

表面的には、ことばでは伝えることができたとしても、
子どもたちは、それが本心からではないことを、
たちまち見抜いてしまいます。

だって、自分を好きになれないでいるひとは、けっして、
幸福な顔をしていませんから。

表面ではいくら隠していても何かの拍子に、つい、本当の
気持ちがあらわれてしまうのです。

それでは、子どもたちは、こころの底から、自分を幸福にするための
方法を学ぶことができないのです。


「別に、自分のことがきらいでも、 人生、何の問題もないし〜」
というひとは、それでかまいませんが、
でも、自分を好きになれないでいると、たいていのひとは、
自分にやさしくなれないのです。

苦しくても無理をしてしまったり、やりたくもないことを、がまんして
やってしまったりして、どんどん自分を追いつめます。

そして、どんどん、こころもからだも、くたくたに、ぼろぼろに、
疲れさせていってしまうのです。

ね? そんな状態で、子どもたちの輝く未来の応援ができますか?
何よりも、あなた自身が、幸福な人生を選ぶことができますか?

責めているわけではないのです。

子どもたちにとっても、私たちにとっても、
輝く未来であってほしいから…。
posted by けいこ at 00:07| Comment(0) | かめおかゆみこのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

しまくとぅばプロジェクトシンポジウムに行ってきました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
しまくとぅばプロジェクトシンポジウム
  「しまくとぅばとアイデンティティ」
      のご報告
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

かめおかさんからお知らせのあったこのイベントに
行ってきました。

かなり心が揺さぶられました。
自分が生まれ育った島をあらためて見つめ直しているところです。
かめおかさんありがとう。

第1部の「しまくとぅばで語る戦世」の上映は
非常に興味がわくものでした。

というのは、標準語が上手くなく、
方言と英語が伝達手段の義理の父が語る戦争体験は、
方言が十分に理解できない私でも、
その生き生きとした表情から、
その当時の父の感情がもろに伝わってくるのですが、
私が理解できない時に複雑そうな表情で話す
標準語での話は何となく物足りなさを感じていました。

父の複雑そうな表情の意味がわかった気がしました。
あの時を表現するにはあの時の言葉じゃないと伝えられない。
私たちの世代の多くが受け取れなくなっていることが
悲しかった。

沖縄の方言といっても地域によって違っていて、
ほとんど聞き取れないのものありましたが、
いつの間にか「わからなくても一言聞き漏らすまい」と
表情、身振り、口元に釘付けになっていました。

上映後、何人もの年配の方が目を真っ赤にして、
中にはハンカチで顔を覆ったまま立ち上がれない方もいました。
同じ島に生きるものとしてうらやましい気がしました。

義理の父の話も映像で残してもらいたい。
そう強く思いました。
また、戦争体験についてつらすぎると全く話さない私の父にも、
是非語って残して欲しいとも思いました。

第2部のパネルディスカッションは
宮古島、八重山、本島北部、東京の4名の方がパネリストとなり、
当地の言葉で話すものでした。

私は、宮古島&八重山の方言は全くわからないはずなのですが、
これだけは伝えたいと力説する話については、表情の力というか
自然と内容が伝わり、自分でも驚きました。

私が今ここに存在して、今の暮らしをしていることに
感謝すると共に、ここまで導いてくれたこの島の歴史を
振り返ってみようという気持ちが頭をめぐって仕方ありませんでした。

この島の生活はこの島のままでいいんじゃないのかな?
無理して何かに歩調を合わせなくていいんじゃないのかな?
ここに生まれたことに意味があるんだろうな。
そういう気持ちになりました。

とっても久しぶりに深く考えた気がします(笑)
かめおかさん、イベントを紹介してくれてありがとうございます。


posted by けいこ at 01:22| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島でも「聴くを磨く」6回講座が開催決定!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いよいよ広島でも「聴くを磨く」講座が開催されることになりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

詳しくは広島スタッフの「聴くを磨くin広島」のブログをご覧下さい−♪

http://hiroshimakiku.seesaa.net/
posted by けいこ at 00:34| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

☆メルマガ「今日のフォーカスチェンジ」   7周年記念企画☆


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
かめおかさんより、メルマガ7周年記念企画のお知らせです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
かめおかさんのメルマガが11月1日に満7周年を迎えます。
7周年を記念して、かめおかさんよりステキな企画があります。
めちゃくちゃおもしろそうです。
↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/kamewasa/diary/201009290001/

参加できる方は是非!!

企画の紹介その中にステキな言葉があるので抜き出して紹介しますね。
   *−−−−−−*−−−−−−−*−−−−−−*
メルマガを書くには、本文だけで、1時間前後はかかります。
オススメコーナーなどを入れると、大体、2時間近くかかります。
それを、毎日、毎日、2520回以上、つづけてきました。

広告を載せているわけでもないし、出版につながったためしもなく、(寂)
それでも休むことなく、書きつづけているのは、自分でもわかりませんが、
たぶん、何かわけがあるのでしょう。

その「わけ」を、最近、私は、こんなふうに感じています。
「ひとりでも、自分を好きになるひとが 増えてほしいから…」

どうして、そんなふうに思うのか。
この7年を振り返ったときに、私は、自分自身の仕事の方向を
かなり明確にしてきたと感じています。

それも、ライフワーク…使命としての仕事という意味で、です。
では、何を、仕事としてとらえているのか。

***---------------------***
 子どもの、輝く未来のために
***---------------------***

…これが、私が、残りの生涯をかけてやりたい仕事の方向性なのです。
では、なぜ、「子どもの輝く未来のために」
「自分を好きになるひとが増える」必要があるのか。

ひとは、自分が「わかった」ことしか、伝えることができないからです。

そして、子どもたちにとって、「学ぶ」ということは、
「真似ぶ」ということなので、
体現して(見せて)もらえないものは真似ることができないのです。

つまり、自分を好きになれないでいると、

自分を好きになるということを、本当には、子どもに
伝えることができないのですね。

表面的には、ことばでは伝えることができたとしても、
子どもたちは、それが本心からではないことを、
たちまち見抜いてしまいます。

だって、自分を好きになれないでいるひとは、けっして、
幸福な顔をしていませんから。

表面ではいくら隠していても何かの拍子に、つい、本当の
気持ちがあらわれてしまうのです。

それでは、子どもたちは、こころの底から、自分を幸福にするための
方法を学ぶことができないのです。


「別に、自分のことがきらいでも、 人生、何の問題もないし〜」
というひとは、それでかまいませんが、
でも、自分を好きになれないでいると、たいていのひとは、
自分にやさしくなれないのです。

苦しくても無理をしてしまったり、やりたくもないことを、がまんして
やってしまったりして、どんどん自分を追いつめます。

そして、どんどん、こころもからだも、くたくたに、ぼろぼろに、
疲れさせていってしまうのです。

ね? そんな状態で、子どもたちの輝く未来の応援ができますか?
何よりも、あなた自身が、幸福な人生を選ぶことができますか?

責めているわけではないのです。

子どもたちにとっても、私たちにとっても、
輝く未来であってほしいから…。
posted by けいこ at 00:07| Comment(0) | かめおかゆみこのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

しまくとぅばプロジェクトシンポジウムに行ってきました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
しまくとぅばプロジェクトシンポジウム
  「しまくとぅばとアイデンティティ」
      のご報告
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

かめおかさんからお知らせのあったこのイベントに
行ってきました。

かなり心が揺さぶられました。
自分が生まれ育った島をあらためて見つめ直しているところです。
かめおかさんありがとう。

第1部の「しまくとぅばで語る戦世」の上映は
非常に興味がわくものでした。

というのは、標準語が上手くなく、
方言と英語が伝達手段の義理の父が語る戦争体験は、
方言が十分に理解できない私でも、
その生き生きとした表情から、
その当時の父の感情がもろに伝わってくるのですが、
私が理解できない時に複雑そうな表情で話す
標準語での話は何となく物足りなさを感じていました。

父の複雑そうな表情の意味がわかった気がしました。
あの時を表現するにはあの時の言葉じゃないと伝えられない。
私たちの世代の多くが受け取れなくなっていることが
悲しかった。

沖縄の方言といっても地域によって違っていて、
ほとんど聞き取れないのものありましたが、
いつの間にか「わからなくても一言聞き漏らすまい」と
表情、身振り、口元に釘付けになっていました。

上映後、何人もの年配の方が目を真っ赤にして、
中にはハンカチで顔を覆ったまま立ち上がれない方もいました。
同じ島に生きるものとしてうらやましい気がしました。

義理の父の話も映像で残してもらいたい。
そう強く思いました。
また、戦争体験についてつらすぎると全く話さない私の父にも、
是非語って残して欲しいとも思いました。

第2部のパネルディスカッションは
宮古島、八重山、本島北部、東京の4名の方がパネリストとなり、
当地の言葉で話すものでした。

私は、宮古島&八重山の方言は全くわからないはずなのですが、
これだけは伝えたいと力説する話については、表情の力というか
自然と内容が伝わり、自分でも驚きました。

私が今ここに存在して、今の暮らしをしていることに
感謝すると共に、ここまで導いてくれたこの島の歴史を
振り返ってみようという気持ちが頭をめぐって仕方ありませんでした。

この島の生活はこの島のままでいいんじゃないのかな?
無理して何かに歩調を合わせなくていいんじゃないのかな?
ここに生まれたことに意味があるんだろうな。
そういう気持ちになりました。

とっても久しぶりに深く考えた気がします(笑)
かめおかさん、イベントを紹介してくれてありがとうございます。


posted by けいこ at 01:22| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広島でも「聴くを磨く」6回講座が開催決定!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いよいよ広島でも「聴くを磨く」講座が開催されることになりました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

詳しくは広島スタッフの「聴くを磨くin広島」のブログをご覧下さい−♪

http://hiroshimakiku.seesaa.net/
posted by けいこ at 00:34| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。