♪ 「聴くを磨く」体験講座無事終了しました。
ありがとうございました ♪


子どもとしっかり向き合って、話を聴けるようになりたい。
ひとの言葉に傷ついて考え込んじゃうことがよくある。
ひとの話を聴きながらも、ついつい自分のこととか次に何を言おうか考えちゃう。
身内や同僚や友だちのネガティブな話を、いやな気持ちにならないで聴けるようになりたい。
指導者として、聴くちからを、さらにブラッシュアップしたい。
   ・・・・・って思ったことはないですか?
そんなかたは、かめわざ流「聴く」を一緒に体験してみませんか♪
日時:2010年 9月2日(木)
   20:00〜22:00(受付19:30〜)
   (このあと希望者で交流会を予定しています:別途徴収です)

場所:西原町 上原コミュニティーセンター
           (西原町字上原245−49)
           (琉球大学付属病院の駐車場近く、上原高台公園のそばです。)
地図→www.town.nishihara.okinawa.jp/jichikai/jichikai-07.html
参加費 : 2,000円!!
      お問い合わせ&申し込み : お名前&連絡先を添えて仲村まで♪
  電話:090-1368-1374(17:30以降にお願いします。)
       Mail:2525sunflower☆gmail.com
       (☆を@に変えて送信してください)
「自分にOKをあげる」「こころとからだをほぐす」
のワークショップを全国展開する、
かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」講座。

本来は全6回で30,000円ですが、今回体験講座として
1回開催して頂けることになりました。

初の沖縄開催です♪

しかも、体験講座は東京では5,000円。
それが今回は、かめおかさんが別件お仕事で来沖するのに
ちゃっかり便乗させていただくという
かめおかさんのご厚意があり、

交通費・宿泊費をぎゅぎゅっとおさえて
沖縄初開催の記念価格となりました!

2010年09月18日

☆ かめおかさんのメルマガより ☆

-----------------------------
本日のイベントのお知らせで恐縮ですが、
「これは!」と思ったので、
以下、かめおかさんのメルマガより
引用してお知らせします。
------------------------------

今月はじめ、沖縄に行ってきて、
あるご縁で、比嘉豊光さんという
写真家のかたにお会いしてきました。
http://bit.ly/aPemM6

そこでいただいた1枚のちらしが、
ここでご紹介するイベントです。


9月18日は「しまくとぅばの日」。
「しまくとぅば」とは、
沖縄各地の言葉・母語のことです。

近年、「しまくとぅば」が注目され、
その重要性が再評価されるように
なってきました。

一方で、琉球弧の島々の共同体
の崩壊はすすみ、しまくとぅばの
消滅等が問われています。

このイベントでは
「しまくとぅばとアイデンティティ」
をテーマに、文化の再生=
「しまくとぅば」の持つ意味や力など
を改めてとらえなおす機会とします。


***----------------------------***
 しまくとぅばプロジェクトシンポジウム
  「しまくとぅばとアイデンティティ」
***----------------------------***

日時/2010年9月18日(土)16時〜21時
会場/沖縄県立博物館講座室・講堂

参加費/500円*資料代
主催・問合せ/電話098−941−8200
  (文化の杜共同企業体) 
  http://www.museums.pref.okinawa.jp/guidance/access_price/
第一部 16時〜18時
・安田常雄氏講演(国立歴史民族博物館副館長)
・「しまくとぅばで語る戦世」上映(約1時間)
 *字幕なし・日本語訳付き
第二部 18時20分〜21時
・パネルディスカッション

・全体討論
コーディネーター:比嘉豊光氏(写真家)
パネリスト
  安田常雄氏(国立歴史民族博物館副館長)
  島袋正敏氏(山原ものづくり塾塾長)
  石垣金星氏(県文化財保護指導員)
  下地和宏氏(宮古郷土史研究会会長)
------------------------------------

私たちが、私たちであることと、
私たちの使っていることばは、
切り離すことができません。

ことばは、単なる記号ではなく、
私たちが、ここに生きていること
そのものと、つながっています。

開催は明日ですが、大切なイベント
だと思います。ご都合のつくかた、
ぜひ、足をお運びください。

posted by けいこ at 00:05| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

2010年09月18日

☆ かめおかさんのメルマガより ☆

-----------------------------
本日のイベントのお知らせで恐縮ですが、
「これは!」と思ったので、
以下、かめおかさんのメルマガより
引用してお知らせします。
------------------------------

今月はじめ、沖縄に行ってきて、
あるご縁で、比嘉豊光さんという
写真家のかたにお会いしてきました。
http://bit.ly/aPemM6

そこでいただいた1枚のちらしが、
ここでご紹介するイベントです。


9月18日は「しまくとぅばの日」。
「しまくとぅば」とは、
沖縄各地の言葉・母語のことです。

近年、「しまくとぅば」が注目され、
その重要性が再評価されるように
なってきました。

一方で、琉球弧の島々の共同体
の崩壊はすすみ、しまくとぅばの
消滅等が問われています。

このイベントでは
「しまくとぅばとアイデンティティ」
をテーマに、文化の再生=
「しまくとぅば」の持つ意味や力など
を改めてとらえなおす機会とします。


***----------------------------***
 しまくとぅばプロジェクトシンポジウム
  「しまくとぅばとアイデンティティ」
***----------------------------***

日時/2010年9月18日(土)16時〜21時
会場/沖縄県立博物館講座室・講堂

参加費/500円*資料代
主催・問合せ/電話098−941−8200
  (文化の杜共同企業体) 
  http://www.museums.pref.okinawa.jp/guidance/access_price/
第一部 16時〜18時
・安田常雄氏講演(国立歴史民族博物館副館長)
・「しまくとぅばで語る戦世」上映(約1時間)
 *字幕なし・日本語訳付き
第二部 18時20分〜21時
・パネルディスカッション

・全体討論
コーディネーター:比嘉豊光氏(写真家)
パネリスト
  安田常雄氏(国立歴史民族博物館副館長)
  島袋正敏氏(山原ものづくり塾塾長)
  石垣金星氏(県文化財保護指導員)
  下地和宏氏(宮古郷土史研究会会長)
------------------------------------

私たちが、私たちであることと、
私たちの使っていることばは、
切り離すことができません。

ことばは、単なる記号ではなく、
私たちが、ここに生きていること
そのものと、つながっています。

開催は明日ですが、大切なイベント
だと思います。ご都合のつくかた、
ぜひ、足をお運びください。

posted by けいこ at 00:05| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。