♪ 「聴くを磨く」体験講座無事終了しました。
ありがとうございました ♪


子どもとしっかり向き合って、話を聴けるようになりたい。
ひとの言葉に傷ついて考え込んじゃうことがよくある。
ひとの話を聴きながらも、ついつい自分のこととか次に何を言おうか考えちゃう。
身内や同僚や友だちのネガティブな話を、いやな気持ちにならないで聴けるようになりたい。
指導者として、聴くちからを、さらにブラッシュアップしたい。
   ・・・・・って思ったことはないですか?
そんなかたは、かめわざ流「聴く」を一緒に体験してみませんか♪
日時:2010年 9月2日(木)
   20:00〜22:00(受付19:30〜)
   (このあと希望者で交流会を予定しています:別途徴収です)

場所:西原町 上原コミュニティーセンター
           (西原町字上原245−49)
           (琉球大学付属病院の駐車場近く、上原高台公園のそばです。)
地図→www.town.nishihara.okinawa.jp/jichikai/jichikai-07.html
参加費 : 2,000円!!
      お問い合わせ&申し込み : お名前&連絡先を添えて仲村まで♪
  電話:090-1368-1374(17:30以降にお願いします。)
       Mail:2525sunflower☆gmail.com
       (☆を@に変えて送信してください)
「自分にOKをあげる」「こころとからだをほぐす」
のワークショップを全国展開する、
かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」講座。

本来は全6回で30,000円ですが、今回体験講座として
1回開催して頂けることになりました。

初の沖縄開催です♪

しかも、体験講座は東京では5,000円。
それが今回は、かめおかさんが別件お仕事で来沖するのに
ちゃっかり便乗させていただくという
かめおかさんのご厚意があり、

交通費・宿泊費をぎゅぎゅっとおさえて
沖縄初開催の記念価格となりました!

2010年09月30日

☆メルマガ「今日のフォーカスチェンジ」   7周年記念企画☆


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
かめおかさんより、メルマガ7周年記念企画のお知らせです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
かめおかさんのメルマガが11月1日に満7周年を迎えます。
7周年を記念して、かめおかさんよりステキな企画があります。
めちゃくちゃおもしろそうです。
↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/kamewasa/diary/201009290001/

参加できる方は是非!!

企画の紹介その中にステキな言葉があるので抜き出して紹介しますね。
   *−−−−−−*−−−−−−−*−−−−−−*
メルマガを書くには、本文だけで、1時間前後はかかります。
オススメコーナーなどを入れると、大体、2時間近くかかります。
それを、毎日、毎日、2520回以上、つづけてきました。

広告を載せているわけでもないし、出版につながったためしもなく、(寂)
それでも休むことなく、書きつづけているのは、自分でもわかりませんが、
たぶん、何かわけがあるのでしょう。

その「わけ」を、最近、私は、こんなふうに感じています。
「ひとりでも、自分を好きになるひとが 増えてほしいから…」

どうして、そんなふうに思うのか。
この7年を振り返ったときに、私は、自分自身の仕事の方向を
かなり明確にしてきたと感じています。

それも、ライフワーク…使命としての仕事という意味で、です。
では、何を、仕事としてとらえているのか。

***---------------------***
 子どもの、輝く未来のために
***---------------------***

…これが、私が、残りの生涯をかけてやりたい仕事の方向性なのです。
では、なぜ、「子どもの輝く未来のために」
「自分を好きになるひとが増える」必要があるのか。

ひとは、自分が「わかった」ことしか、伝えることができないからです。

そして、子どもたちにとって、「学ぶ」ということは、
「真似ぶ」ということなので、
体現して(見せて)もらえないものは真似ることができないのです。

つまり、自分を好きになれないでいると、

自分を好きになるということを、本当には、子どもに
伝えることができないのですね。

表面的には、ことばでは伝えることができたとしても、
子どもたちは、それが本心からではないことを、
たちまち見抜いてしまいます。

だって、自分を好きになれないでいるひとは、けっして、
幸福な顔をしていませんから。

表面ではいくら隠していても何かの拍子に、つい、本当の
気持ちがあらわれてしまうのです。

それでは、子どもたちは、こころの底から、自分を幸福にするための
方法を学ぶことができないのです。


「別に、自分のことがきらいでも、 人生、何の問題もないし〜」
というひとは、それでかまいませんが、
でも、自分を好きになれないでいると、たいていのひとは、
自分にやさしくなれないのです。

苦しくても無理をしてしまったり、やりたくもないことを、がまんして
やってしまったりして、どんどん自分を追いつめます。

そして、どんどん、こころもからだも、くたくたに、ぼろぼろに、
疲れさせていってしまうのです。

ね? そんな状態で、子どもたちの輝く未来の応援ができますか?
何よりも、あなた自身が、幸福な人生を選ぶことができますか?

責めているわけではないのです。

子どもたちにとっても、私たちにとっても、
輝く未来であってほしいから…。
posted by けいこ at 00:07| Comment(0) | かめおかゆみこのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

すべては、自分のためですから


★・・・・・・☆・・・・・・・★・・・・・・・☆
今日のフォーカスチェンジ  
     〜気づきのメッセージ〜
    第2471号8月12日発行
☆・・・・・・・★・・・・・・・☆・・・・・・・

すべては、自分のためですから。

いわゆる自分勝手なひと、あるいは、自分の都合ばかり押しつけてくるひと。

腹が立ちますよね♪

そんなひとにかぎって、上司だったり、ご近所さんだったりして、
どうにも避けようがなかったりします。

ここで、「いや、そういうひととは、とことんたたかってやる」
というひとは、それはそれでかまいません。

ときには、アクティブに相手と向き合う必要があるときだって、
あるわけですからね。

ただ、自分にはちょっとそのエネルギーがないなあとか、
別の方法を選びたいなあというひとは、こちらをどうぞ♪

まず、はじめに、気がついてほしいことがあります。

実は、そのひとたちは、私たちの「フォーカスチェンジ」をきたえてくれる、
貴重なサポーターだということです。

避けようがないわけですよね。

もちろん、抹殺するわけにもいきません。(きゃー)

とすれば、私たちは、視点を変えるしかないのです。

私が一番よく使うパターンは、

「このひとは、私の何を 見せてくれているひとだろう」と、考えてみること。

そう、鏡の法則です。

たとえば、ひどく高圧的な物言いをするひとがいたとします。

でも、その言いかたで傷つくひとと、そうではないひとが、必ずいますよね。

  100%傷つけることができるとしたら、それはそれでひとつの才能です。
  あまりほめられませんが。(^^ゞ

単純に言ってしまうと、同じ対応を受けても、

自己肯定感が高いひとは「あっ、そう」で終わります。(爆)

でも、自己肯定感が低いひとは「自分の何が悪かったんだろう」
と、自分を責めたり、

「どうしてこんな目にあうんだ」と、犠牲者モードに落ちたりして
しまいやすいのです。

ということは、私たちはそういうひとたちをとおして、
自分の自己肯定の度合いを、とてもわかりやすく確認することができるのです。

言い換えれば、そのひとたちは、

「あなた、もっと、自分を 信じなさいよ」
「もっと自分を受け入れて いいのよ」ということを、

すごーくネガティブな表現で、伝えてくれているというわけです。(爆)

…と書いても、きっと納得してもらえないと思うので、(^^ゞ
もう少し補足します。

私たちの人生というのは、ある意味で、自分自身を磨きつづける旅ともいえます。

自分を磨くためには、磨くための何かが必要です。

たとえば水晶の玉を磨くのに、布を必要とするようにね。

そのとき、磨かれた布はどうなりますか?

汚れますよね?

人間関係も同じなのです。

私たちがよりよく生きるために、そのひとたちはあえて、
その布の役割をになってくれているのです。

磨かれることで、どんどん汚れを移されて、ますます汚れていくのです。

だから、私たちは、そういうひとたちのそういう態度(笑)と
出会うたびに、感謝しなければなりません。

ありがとう、そんなにも汚れてしまうまで、私を磨いてくれてと。(^^ゞ

そのひとたちがいてくれるからこそ、私たちは、

「自分はもっとひとにたいして、やさしくなろう」とか、
「ひとの気持ちに寄り添える人間になろう」とか、

よりよい自分になるための生きかたを選択することができるのですから。

まあ、かなり強引にこじつけをしてしまいましたが、(こじつけだったのかよ)

「フォーカスチェンジ」って、そういうことなのです。

目の前のあらゆること・もの・ひとを、自分にとって「都合よく」解釈できるようになったら、
もはや天下無敵です。

すべては、自分のためですから。

…って、あら? ひょっとして、自分のことしか考えてないのは、
実は、私自身だったりして?!(爆)

最後に、もうひとつの法則を紹介して終わりましょう。

それは、引き寄せの法則です。

あなたがそんなふうに、ひとを責めず、自分を責めず、

自分を磨いていくことのために、あらゆること・もの・ひとと
向き合うようになれると、

こころは、とてもおだやかになります。

こころがおだやかになると、そういうひとのまわりには、

同じようにおだやかなひとが、集まってくるものなのですよ。

だって、心地いいですからね、そのほうが。

だから、もしかしたら、
あなたがすでにそのようなおだやかな生きかたの域に達しているのにもかかわらず、

自分勝手で、ご都合主義のひとが寄ってくるとすれば…、

あなたはもはや、「人生を遊べる達人」なのです。

ただのおだやかさに飽き足らず、
わざわざそのようなアイテムを、人生のなかに投げこむだけの余裕がある

ということなのですからね。

さあ。あなたは、どの「フォーカスチェンジ」を採用しますか?

正しい・まちがいはありませんから、お好きなものをどうぞ♪

もちろん、日替わりで選び替えるっていうのも、ありですからね〜!(^○^)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
※「フォーカスチェンジ〜気付きのメッセージ〜」
かめおかゆみこ発行の日刊メールマガジン。
まぐまぐ殿堂入り。2010年5月2400号達成。
無料購読はhttp://www.mag2.com/m/0000119721.html
3秒で読める携帯版もあり。
購読は無料http://www.mag2.com/m/M0068733.html
posted by けいこ at 02:12| Comment(0) | かめおかゆみこのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★体験講座の感想より…

☆聴いてもらえていると感じることが、
 いかに安心感を増すのか、
 感覚でわかることができて有意義でした。
 素直に楽しかったです♪(りん様)


☆すべては自分を認めて信じることが
 基本だとあらためて思いました。
 「聴く」にとどまらない幅広く奥深い
 講座。ありがとうございました。(くじら様)


☆とても自然な感じで楽しめました。
 すべての感情を感じてもいい、
 認めてもいい、その中で自分で選ぶことに
 意義があることに共感しました。

 かめおかさんの穏やかで温かい雰囲気が
 心地よかったです。(R様)


☆すべて、いまの自分の状態に
 気がつくことから始まるんだなあと、
 あらためて感じました。

 自分をニュートラルにすることが、
 最後には自分も相手も幸せにする。
 そんなことまで考えてしまいました。
                      (アイ様)


ラベル:体験講座感想
posted by けいこ at 01:03| Comment(0) | かめおかゆみこのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

☆メルマガ「今日のフォーカスチェンジ」   7周年記念企画☆


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
かめおかさんより、メルマガ7周年記念企画のお知らせです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
かめおかさんのメルマガが11月1日に満7周年を迎えます。
7周年を記念して、かめおかさんよりステキな企画があります。
めちゃくちゃおもしろそうです。
↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓ ☆ ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/kamewasa/diary/201009290001/

参加できる方は是非!!

企画の紹介その中にステキな言葉があるので抜き出して紹介しますね。
   *−−−−−−*−−−−−−−*−−−−−−*
メルマガを書くには、本文だけで、1時間前後はかかります。
オススメコーナーなどを入れると、大体、2時間近くかかります。
それを、毎日、毎日、2520回以上、つづけてきました。

広告を載せているわけでもないし、出版につながったためしもなく、(寂)
それでも休むことなく、書きつづけているのは、自分でもわかりませんが、
たぶん、何かわけがあるのでしょう。

その「わけ」を、最近、私は、こんなふうに感じています。
「ひとりでも、自分を好きになるひとが 増えてほしいから…」

どうして、そんなふうに思うのか。
この7年を振り返ったときに、私は、自分自身の仕事の方向を
かなり明確にしてきたと感じています。

それも、ライフワーク…使命としての仕事という意味で、です。
では、何を、仕事としてとらえているのか。

***---------------------***
 子どもの、輝く未来のために
***---------------------***

…これが、私が、残りの生涯をかけてやりたい仕事の方向性なのです。
では、なぜ、「子どもの輝く未来のために」
「自分を好きになるひとが増える」必要があるのか。

ひとは、自分が「わかった」ことしか、伝えることができないからです。

そして、子どもたちにとって、「学ぶ」ということは、
「真似ぶ」ということなので、
体現して(見せて)もらえないものは真似ることができないのです。

つまり、自分を好きになれないでいると、

自分を好きになるということを、本当には、子どもに
伝えることができないのですね。

表面的には、ことばでは伝えることができたとしても、
子どもたちは、それが本心からではないことを、
たちまち見抜いてしまいます。

だって、自分を好きになれないでいるひとは、けっして、
幸福な顔をしていませんから。

表面ではいくら隠していても何かの拍子に、つい、本当の
気持ちがあらわれてしまうのです。

それでは、子どもたちは、こころの底から、自分を幸福にするための
方法を学ぶことができないのです。


「別に、自分のことがきらいでも、 人生、何の問題もないし〜」
というひとは、それでかまいませんが、
でも、自分を好きになれないでいると、たいていのひとは、
自分にやさしくなれないのです。

苦しくても無理をしてしまったり、やりたくもないことを、がまんして
やってしまったりして、どんどん自分を追いつめます。

そして、どんどん、こころもからだも、くたくたに、ぼろぼろに、
疲れさせていってしまうのです。

ね? そんな状態で、子どもたちの輝く未来の応援ができますか?
何よりも、あなた自身が、幸福な人生を選ぶことができますか?

責めているわけではないのです。

子どもたちにとっても、私たちにとっても、
輝く未来であってほしいから…。
posted by けいこ at 00:07| Comment(0) | かめおかゆみこのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

すべては、自分のためですから


★・・・・・・☆・・・・・・・★・・・・・・・☆
今日のフォーカスチェンジ  
     〜気づきのメッセージ〜
    第2471号8月12日発行
☆・・・・・・・★・・・・・・・☆・・・・・・・

すべては、自分のためですから。

いわゆる自分勝手なひと、あるいは、自分の都合ばかり押しつけてくるひと。

腹が立ちますよね♪

そんなひとにかぎって、上司だったり、ご近所さんだったりして、
どうにも避けようがなかったりします。

ここで、「いや、そういうひととは、とことんたたかってやる」
というひとは、それはそれでかまいません。

ときには、アクティブに相手と向き合う必要があるときだって、
あるわけですからね。

ただ、自分にはちょっとそのエネルギーがないなあとか、
別の方法を選びたいなあというひとは、こちらをどうぞ♪

まず、はじめに、気がついてほしいことがあります。

実は、そのひとたちは、私たちの「フォーカスチェンジ」をきたえてくれる、
貴重なサポーターだということです。

避けようがないわけですよね。

もちろん、抹殺するわけにもいきません。(きゃー)

とすれば、私たちは、視点を変えるしかないのです。

私が一番よく使うパターンは、

「このひとは、私の何を 見せてくれているひとだろう」と、考えてみること。

そう、鏡の法則です。

たとえば、ひどく高圧的な物言いをするひとがいたとします。

でも、その言いかたで傷つくひとと、そうではないひとが、必ずいますよね。

  100%傷つけることができるとしたら、それはそれでひとつの才能です。
  あまりほめられませんが。(^^ゞ

単純に言ってしまうと、同じ対応を受けても、

自己肯定感が高いひとは「あっ、そう」で終わります。(爆)

でも、自己肯定感が低いひとは「自分の何が悪かったんだろう」
と、自分を責めたり、

「どうしてこんな目にあうんだ」と、犠牲者モードに落ちたりして
しまいやすいのです。

ということは、私たちはそういうひとたちをとおして、
自分の自己肯定の度合いを、とてもわかりやすく確認することができるのです。

言い換えれば、そのひとたちは、

「あなた、もっと、自分を 信じなさいよ」
「もっと自分を受け入れて いいのよ」ということを、

すごーくネガティブな表現で、伝えてくれているというわけです。(爆)

…と書いても、きっと納得してもらえないと思うので、(^^ゞ
もう少し補足します。

私たちの人生というのは、ある意味で、自分自身を磨きつづける旅ともいえます。

自分を磨くためには、磨くための何かが必要です。

たとえば水晶の玉を磨くのに、布を必要とするようにね。

そのとき、磨かれた布はどうなりますか?

汚れますよね?

人間関係も同じなのです。

私たちがよりよく生きるために、そのひとたちはあえて、
その布の役割をになってくれているのです。

磨かれることで、どんどん汚れを移されて、ますます汚れていくのです。

だから、私たちは、そういうひとたちのそういう態度(笑)と
出会うたびに、感謝しなければなりません。

ありがとう、そんなにも汚れてしまうまで、私を磨いてくれてと。(^^ゞ

そのひとたちがいてくれるからこそ、私たちは、

「自分はもっとひとにたいして、やさしくなろう」とか、
「ひとの気持ちに寄り添える人間になろう」とか、

よりよい自分になるための生きかたを選択することができるのですから。

まあ、かなり強引にこじつけをしてしまいましたが、(こじつけだったのかよ)

「フォーカスチェンジ」って、そういうことなのです。

目の前のあらゆること・もの・ひとを、自分にとって「都合よく」解釈できるようになったら、
もはや天下無敵です。

すべては、自分のためですから。

…って、あら? ひょっとして、自分のことしか考えてないのは、
実は、私自身だったりして?!(爆)

最後に、もうひとつの法則を紹介して終わりましょう。

それは、引き寄せの法則です。

あなたがそんなふうに、ひとを責めず、自分を責めず、

自分を磨いていくことのために、あらゆること・もの・ひとと
向き合うようになれると、

こころは、とてもおだやかになります。

こころがおだやかになると、そういうひとのまわりには、

同じようにおだやかなひとが、集まってくるものなのですよ。

だって、心地いいですからね、そのほうが。

だから、もしかしたら、
あなたがすでにそのようなおだやかな生きかたの域に達しているのにもかかわらず、

自分勝手で、ご都合主義のひとが寄ってくるとすれば…、

あなたはもはや、「人生を遊べる達人」なのです。

ただのおだやかさに飽き足らず、
わざわざそのようなアイテムを、人生のなかに投げこむだけの余裕がある

ということなのですからね。

さあ。あなたは、どの「フォーカスチェンジ」を採用しますか?

正しい・まちがいはありませんから、お好きなものをどうぞ♪

もちろん、日替わりで選び替えるっていうのも、ありですからね〜!(^○^)

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
※「フォーカスチェンジ〜気付きのメッセージ〜」
かめおかゆみこ発行の日刊メールマガジン。
まぐまぐ殿堂入り。2010年5月2400号達成。
無料購読はhttp://www.mag2.com/m/0000119721.html
3秒で読める携帯版もあり。
購読は無料http://www.mag2.com/m/M0068733.html
posted by けいこ at 02:12| Comment(0) | かめおかゆみこのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

★体験講座の感想より…

☆聴いてもらえていると感じることが、
 いかに安心感を増すのか、
 感覚でわかることができて有意義でした。
 素直に楽しかったです♪(りん様)


☆すべては自分を認めて信じることが
 基本だとあらためて思いました。
 「聴く」にとどまらない幅広く奥深い
 講座。ありがとうございました。(くじら様)


☆とても自然な感じで楽しめました。
 すべての感情を感じてもいい、
 認めてもいい、その中で自分で選ぶことに
 意義があることに共感しました。

 かめおかさんの穏やかで温かい雰囲気が
 心地よかったです。(R様)


☆すべて、いまの自分の状態に
 気がつくことから始まるんだなあと、
 あらためて感じました。

 自分をニュートラルにすることが、
 最後には自分も相手も幸せにする。
 そんなことまで考えてしまいました。
                      (アイ様)


ラベル:体験講座感想
posted by けいこ at 01:03| Comment(0) | かめおかゆみこのメッセージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。